八雲琴とわたし ー その1

私は今から10数年前に八雲琴というお琴に出会いました。

八雲琴は江戸時代に四国に住む中山琴主が杵築大社(今の出雲大社)に

参篭した時に神がかって作ったと言われる二弦琴です。

もとは須佐之男命が大国主命に授けた天の沼琴(あめのぬごと)だと

言われています。

八雲琴演奏 ~みさかえ~

わたしは

20数年まえにホツマツタヱという古文書に出会い

15年くらい前に鳥居礼さんの「言霊ーホツマ」を読んで

一気に理解が進み

そこに出てくる「あわのうた」を声を出して読んでいるうちに

自然に曲が付き

お琴の伴奏が欲しいと思って

13弦のお琴を習いましたが???何か違う・・・

そんな時、グーグルで「八雲琴」というものがあるのを知り

その夜、ヤフオクに出品されているのを発見し落札。

届いたものがボロボロだったので

日本にただ一人、京都で八雲琴を製造・修復をしているという方を訪ね

3か月後に修復していただいたお琴を受け取る

が、演奏方法がわからない。。。

と、思っていると四国中央市に八雲神社があり、元宮司の方が

子供たちを集めて教えていることを知り、即入門。

弾き方を習った帰り道で、「あわのうた」に伴奏が付けられると思い

家に帰って弾いてみると。。。

なんといっぺんで弾けたのでした!!

あわのうたはこうしてその時のまま、いまも歌い続けているのでした。

ある日、「八雲琴の調べー神話とその心」窪田英樹著に

このお琴を復元した中山琴主がチャネリングしていた相手が

大田田根子命(おおたたねこのみこと)だと書いてあるのを見つけて

わたしの髪は総立ちになったのです!!

えっ、なんですって!!!!!

ホツマツタヱの作者は大田田根子命

20数年かけて・・・

ホツマツタヱ - あわのうた - 八雲琴

と1本の糸で繋がった瞬間だったのでした━━━(゚o゚〃)━━━!!!

偶然の出会いが生み出した不思議なご縁でした。

私はこのお琴を弾くことに使命を感じ

丁寧に弾いていくことを心に誓ったのでした。