アンドロメダドリームファンタジー

第6章 

ユアサミヨ前皇帝をはじめとするアンドロメダの民は宇宙船に乗り込み、母船から離れて地上へと降下をはじめた。ユアサミヨ前皇帝が搭乗した船は特別なものだった。その機体、名をヤマト号といった。ヤマト号にはアンドロメダ銀河皇国の統治下にあった星々の民の DNA が保存されていたのである。それは、皇国の慈愛による統治の中心であったユアサミヨ皇帝とともに、皇国船団が最後の力を振り絞って守らなければならないものだったのである。
皇帝となったアンドロメダ・シリウスは母船内の宮殿にある玉座に座り静かに目を閉じ、瞑想に入った。ニギハヤヒ皇子もそれに寄り添い、そっと目を閉じ、精神を集中させた。
母船の外ではクーデター軍が宇宙空間からついに地球の成層圏を突破し、現在の日本国上空へと達した。しかし、戦いで4分の1を失ったとはいっても直径数百キロのアンドロメダの母船である。日本の本州の大半をその船体で覆い、その他の母船が日本国へ着陸するのをカモフラージュしていた。クーデター軍は攻撃を開始した。アンドロメダの母船に対する猛烈な一斉攻撃は、苛烈を極めた。このままでは母船は撃沈されてしまう。これだけの巨大宇宙船が上空から落ちると、日本国へと避難をはじめた他の宇宙船はともかく、眼下に広がる美しい日本の国土も傷つけてしまう。ユアサミヨ前皇帝の語った言葉だったが、母船内に残ったアンドロメダ・シリウス新皇帝とニギハヤヒ皇子の気持ちも同じだった。
「この美しい国土を、皇国のあったアメノホアカリダマと同じ目にあわせてはいけない」
「アンドロメダと同等の美しさをもつこの土地で、母上を中心として新たな皇国を築いてもらおう」


アンドロメダ・シリウスとニギハヤヒはさらに精神を集中させる。それと連動して母船が光り始める。強い光を放ったその直後、アンドロメダの母船は無数の光のシャワーとなって飛び散ったのである。
美しくも悲劇的なその光のシャワーを見たユアサミヨ前皇帝をはじめとするアンドロメダの民はそれを見た瞬間、二人の死を悟ったが、今はそれを悲しんでいる暇は無く、はやくクーデター軍から逃れるための安全な場所へ避難しなければならなかった。その光のシャワーは敵であるクーデター軍にも変化をもたらした。元々皇国の皇位継承者でありながらそれを裏切った第3皇女、第5皇子の二人である。彼女らは母船の最後とその光のシャワーを目にして、全てを悟ったのである。自分たちがクーデター軍に騙されていた事を。自分たちがどんなに愚かな行動をとったかを。
彼女たち二人はこれから残されたアンドロメダの船団がどこへ向かうか知っていた。しかし、それ以上攻撃をすることは止めた。自分たちの間違いに気づいたからである。
ユアサミヨ前皇帝の乗るヤマト号をはじめとしたアンドロメダの生き残りの船団は現在の日本の奈良県、三輪山を目指していた。母船の光のシャワーに守られながら、天理方面から超低空飛行で三輪山の中腹目掛けて航行していた。
しかし、弾幕代わりの光のシャワーの中でも、クーデター軍は攻撃を仕掛けてきた。ヤマト号は、その周囲を8機の宇宙船で固められていたが、一機、また一機と撃ち落されていく。
最後のまでヤマト号を守護した宇宙船が撃墜したのと同時に、ヤマト号は三輪山の中腹に到着。その姿を消したのである。
クーデター軍にいたアンドロメダの第3皇女と第5皇子はその秘密を知っていたがそのことを口に出さなかった。彼女たちはすでにクーデター軍の嘘に気づいていたからだ。最終的にクーデター軍はヤマト号の追跡を諦める。三輪山の中腹で突如消失したので、攻撃に耐え切れず消滅したのだろうと結論づけられたのだ。第3皇女と第5皇子は、地球から離れることとなったが、心を入れ替え、何年かかってもアメノホアカリダマの地に再びアンドロメダ銀河皇国を再興することを誓うのだった。
三輪山で消えたヤマト号は、三輪山の中腹にあ秘密の入り口から山の内部に入り、その地下にある巨大な空間へと避難していた。皇国が健在だった頃、緊急の時に作った秘密基地が全宇宙にいくつかあり、その一つがここ三輪山の地下空間(シェルター)だったのだ。
シェルターにたどり着いたユアサミヨはそこでその不思議な力を発揮する。天理上空から三輪山付近までヤマト号を守り、犠牲となった8機の宇宙船は、シェルター内に瞬間移動し、その宇宙船にそれぞれ乗っていた皇子、皇女とその船員、乗員たちは全員蘇ることが出来た。しかし、残念ながら母船に残った二人を蘇らせることは、出来なかったのである。
ヤマト号が無傷で済んだのは、母船が大破した時、その欠片が、ヤマト号を隠し、反乱軍の攻撃から守ったからである。アンドロメダシリウスとニギハヤヒの乗る母船が、皇国の存続においてもっとも重要なユアサミヨとヤマト号を守るために、その身を犠牲にしたのである。
二人の子どもをはじめとした多数の犠牲者を出したことにユアサミヨは深く傷ついていた。着る者の心を映すと言うその着衣は、薄紅の色へ変化していた。この時の彼女の着衣の色は、遥か時間を経た現在において、三輪山周辺にのみ生息する「狭井」というユリの花の色として残っているのである。
そのヤマト号の乗員が、クシミカタマミギハヤヒ一族の先祖 ( 始祖 ) となるのである。

アンドロメダドリームファンタジー

第5章 『地球にて』

何とか反乱軍の攻撃をかわして地球に逃れた アンドロメダ銀河 皇国 の宇宙 船団は、かねてから交流があり、地下に秘密基地を建設していた現在の日本国の上空に達した。
宇宙船から日本国の国土を見たユアサミヨ皇帝はその美しさに驚き、
「我がアンドロメダ銀河皇国の在るアメノホアカリダマに勝るとも劣らない美しさである」
と呟いたほどであった。皇帝と行動をともにして遥か彼方のアンドロメダからこの地球までやってきた臣下のものや皇国民たちも、遠く離れてしまった自らの故郷を想いをはせ、静かに涙した。
しかし 、感傷に浸ることが出来たのはほんのつかの間であった。 ここでさらに クーデター 軍の 追撃隊が襲ってきたのである 。 クーデター軍は皇国を裏切った第3皇女、第5皇子を攻撃隊に参加させ、皇国船団に猛烈な攻撃を加えてきた。
アンドロメダ 銀河 を離れた時は数百万機あった 皇国の 大船団も残り数少なくなり、とても戦える状態ではない。 船体の4分の1を失い ボロボロの状態だった母船はこの攻撃に耐えきれ るはずもなく、もはや皇国の命運は風前の灯であった。
しかも、4分の3になったとはいえ、それでも直径数百キロの母船が撃墜されるとなると、眼下に広がる美しい日本の国土をその爆発の衝撃で痛めつけてしまうことになる。
皇帝は、宇宙船団の皇子・皇女たちと宮殿内の臣下のものにその決意をテレパシーで伝えた。
「ここ日本上空で母船を消滅させます」


周囲の人間は驚いた。母船の消滅とは即ちアンドロメダ銀河皇国の皇帝の死と同義なのである。皇国民は皆、必死にユアサミヨ皇帝を説得し、クーデター軍に抵抗することを提案した。しかし、間接的に日本の国土を傷つける結果になることを皇帝は頑なに拒否したのだ。
しかし、皇国の象徴であるユアサミヨ皇帝の死は、遥かアンドロメダ銀河からついてきたアンドロメダ皇国民にとっても心の支えを無くすことになる。それを怖れたアンドロメダ・シリウス皇女をはじめとした皇子、皇女や皇帝の家臣たちはユアサミヨ皇帝から三種の神器を無理やりに奪う。そして
アンドロメダ・シリウス皇女が皇衣をその身に纏い、鉾(三叉槍)をその手に持ち、皇国の紋章を模したペンダントをその胸元につける。宮殿にて簡易的ではあるが皇位継承の儀式を執り行い、アンドロメダ・シリウスが正式に皇帝として即位したのである。
自らの子どもである皇子、皇女や家臣たちに最終的には説得されたものの、ユアサミヨ前皇帝は儀式の間、ずっと号泣していた。自分の身代わりとなり、実の娘であるアンドロメダ・シリウスが母船とともにその命の火を自ら消そうというのである。前皇帝の深い悲しみはその着衣からもうかがい知ることが出来た。皇衣を脱いだ皇帝はその下に現代で言うレオタードの様な衣服を身に纏うが、その色は着用するものの心理状態で変色するのである。喜びの時は青、怒りは赤、哀しみは紫、楽しいときには黄色、という様に。この時の前皇帝の着衣はその哀しみの強さを表すかのように、深く、
物悲しい紫色となって現れていたのである。
皇位継承の儀式の後、ユアサミヨ前皇帝をはじめとした他の皇子・皇女や家臣たちは母船内の宮殿から離れ、それぞれの担当の宇宙船へと移る。宇宙船へ乗り込んだユアサミヨは、その扉の前でうずくまりながら嗚咽を繰り返す。彼女は扉を激しく叩きながら、
「私ではなく、なぜあの子が犠牲にならなければならないのか・・・」
と絶叫した。
母船内の宮殿に一人残った新皇帝のアンドロメダ・シリウスは皇国の民がすべて母船を離れ、地球上へと降下していくのを見届けた後、踵を返して宮殿内の玉座に戻ろうとする。
しかしその刹那、アンドロメダ・シリウスは驚愕する。先の冥王星での大宇宙戦争で瀕死の重態となり、昏睡状態に陥っていたはずのニギハヤヒ皇子がそこに立っていたのだ。
「姉さん、あなたが一人犠牲になることはありません。私の命ももはや長く無いでしょう。ともに皇国と母上を守るため、戦いましょう」
そう語るニギハヤヒ皇子の手をそっと握り締め静かに涙するアンドロメダ・シリウス。気丈な彼女も、たった一人で皇国の命運を託されたことが不安だったのであろう。弟の心遣いにあふれる涙を抑
えることが出来なかった。

アンドロメダドリームファンタジー

第4章 『アンドロメダからの逃避と冥王星での大戦争』

クーデター軍に追われ、アンドロメダ銀河を離れ地球への避難を始めたユアサミヨ皇帝をはじめとした、アンドロメダ銀河皇国の民。彼らが乗り込んだのは、 直径 600 キロの母船をはじめとした、数百万機の宇宙船団である。一機の宇宙船に約数百人が乗り込み、総勢数億人が宇宙の海原を航行する大移動であった。 
アンドロメダ銀河からはるばる我々の 銀河系 (天の川銀河) に入り、プレアデス星団 ( すばる ) を通過。オリオン、シリウスを通り、我々の住む太陽系にやってきた。
しかし、冥王星を通過しようとした時、反乱軍 ( クーデター軍 ) の追撃を受けてしまう。アンドロメダ銀河皇国の大船団もこれに反撃し、冥王星近辺で大宇宙戦争が発生する事になった。
特にユアサミ ヨ 皇帝の第 13 子であり、3人の皇位継承権を持つものの1人で、クーデター発生時は皇帝と行動をともにしていたアンドロメダ・シリウス皇女の活躍は目を見張るものがあったという。
アンドロメダ銀河皇国の船団はこの 戦いに なんとか勝利し、クーデター軍を退けることに成功した。 しかし、この 大 宇宙戦争で母船はその4分の1が大破し、 アンドロメダ銀河出発時には数百万機あった大船団もそのほとんどを失ってしまったのである。
そしてこの戦いで獅子奮迅の活躍を見せた アンドロメダ・シリウス皇女も 深手をおってしまう。しかしそれより深刻なのが ニギハヤヒ皇子 である。アンドロメダ・シリウスと同じように冥王星での戦いで傷ついた彼 は 、 瀕死の 重態となり、昏睡状態に陥ってしまったのだ 。
多数の犠牲を払いながら、その後、皇国宇宙船団は地球にたどり着く。しかしその後、彼らにさらなる悲劇が待ち構えているとは、誰も知らなかったのである。

アンドロメダドリームファンタジー

第3章 『クーデター』

アンドロメダ 銀河皇国の女皇、 ユアサミ ヨ皇帝陛下 は 、 その深い慈愛に満ちた統治により、皇国の民から 敬愛の念を持って 「皇国の母」と呼ばれ ていたのは前述したとおりである。
しかし 、 その存在を疎ましく思う勢力も存在し、いつしかそれは反乱軍として皇国とユアサミ ヨ 皇帝の治世を脅かす存在となっていた。
ある時、ついに反乱軍がクーデターを起こす。ユアサミ ヨ 皇帝が、他のアンドロメダ銀河の星々の国へと巡行している隙を狙ったのである。皇帝が留守の間は3人いる皇位継承者のうち、2人が皇国に残り、皇国の守護を任されていた。皇帝の第3子の皇女と、第5子の皇子である。


クーデター軍はその2人に近づき、ユアサミ ヨ 皇帝が皇位継承の取り決めを破棄し、皇帝の座を第 17 子であるニギハヤヒ皇子に譲ろうとしていると囁いたのである。冷静に考えれば荒唐無稽なデタラメな話と分かるはずなのだが、確かに日頃からユアサミ ヨ 皇帝のニギハヤヒ皇子に対する寵愛ぶりは目を見張るものがあった。第3子の皇女と第5子の皇子がユアサミ ヨ 皇帝に猜疑心を持ち、ニギハヤヒ皇子に嫉妬の心を燃やしたのも無理からぬものだったのかもしれない。普段から争いごとの無いアンドロメダ銀河皇国では、人々の間で偽証や嘘偽りが交わされことは殆ど無い。他人を疑う事を知らない皇女と皇子の純粋な心が災いし、ユアサミ ヨ 皇帝へ反旗を翻す結果となったのである。
こ のクーデターにより、無数の皇国民は宇宙をさ迷う流浪の民となった。そしてアンドロメダ銀河から遥か離れた銀河系の星、地球へ向かっての逃避がはじまったのである。

アンドロメダドリームファンタジー

第2章 『アンドロメダ銀河皇国とユアサミヨ皇帝』

アンドロメダ銀河の中心に存在する天体、アメノホアカリダマ。その緑豊かで広大な大地に 遥か昔、愛の皇国があった 。
深い慈愛による統治を行い、奴隷制度を許さな ず 、生きとし生けるのも全てが喜びに満ちた人生を送る という国。 その名をアンドロメダ銀河皇国といった。
皇国の女皇の名は「ユアサミ ヨ 皇帝」という。彼女はその深い慈愛に満ちた統治により、皇国の民から「皇国の母」と呼ばれ、敬愛の念をもたれていたのである。
皇国の都はその大地のほぼ中央の平野部に位置している。山岳地帯や大海原も広がる世界の中で、もっとも肥沃な土地であり、皇国の民が暮らすのに適しているのである。
その都の中心に、女皇 ・ ユアサミ ヨ 皇帝陛下が住む宮殿がある。この宮殿の外観は日本の古墳時代の建築物に似ている。入母屋作りで屋根の勾配は 45 度。屋根を飾る鰹木、千木があり、まるで日本の神社建築物の様でもある。


この宮殿の中に女皇陛下の他、 76 人の皇子、皇女が暮らしている。宮殿の中において皇子、皇女は完全なる一夫一妻制であり、同じ 76 人の配偶者とももに暮らしている。
そして女皇陛下、 76 人の皇子、皇女とその配偶者の身の回りの世話をする侍従、侍女を合わせると、数百人の人がこの巨大な宮殿で暮らしているのである。
また、 76 本の巨大な塔が宮殿を取り囲む様にそびえ立っている。中心にある宮殿から半径 480 メートル離れた場所にまず 6 本の塔が宮殿を守護するかの様に等間隔で建立されている。そしてその 6 本の塔を線で結んだ円からまたさらに 480 m離れた位置に今度は 8 本の巨大な塔が宮殿を取り囲むように等間隔でそびえ立っているのである。そしてその 8 本の塔を結んだ円からまたさらに 480 m離れた場所に今度は 6 本の塔が…というように、宮殿を中心に 6 本、 8 本、 6 本、 8 本と巨大な塔が幾重にも建築されているのである。この無数の塔のうち、宮殿にもっとも近い最初の 6 本をア・シュール、 2 番目の 8 本をカ・シュールと呼んだ。
3 番目以降はハ・シュール、ナ・シュール、マ・シュール、イ・シュール、キ・シュール、ヒ・シュール、ニ・シュール、ミ・シュール、ウ・シュールと呼ばれている。無数の巨大な塔の数々のうち、ウ・シュールと呼ばれる 6 本の搭が、もっとも外周に位置するのである。
ア・シュールからウ・シュール層まで全部で 11 層、総数にして 76 本もの塔が宮殿を囲んでいるのである。そして宮殿の 76 人の皇子、皇女はそれぞれ担当の塔が決められており、この塔の守護者として宮殿と塔を行き来しているのだ。その 76 人の皇子、皇女の中でもユアサミ ヨ 皇帝に特にその能力を認められた 3 人の男女が、宮殿にもっとも近いア・シュールの 6 本の塔のうち 3 本に配置されているのである。皇帝の第3子である皇女、第 5 子の皇子、第 13 子の皇女がその 3 人で、彼女たちはそれぞれ外務大臣、財務大臣、防衛大臣としての役割を担っていた。 76 人の中から皇位継承権を持つ選ばれし3人として、ユアサミ ヨ 皇帝に次ぐ信頼と尊敬の念を、アンドロメダ銀河皇国の民から集めていたのである。
また、この塔の構造だが、下部はいくつかの物体が螺旋状になって伸びている。最上部は櫓の様になっており、宮殿周辺の皇国民の生活を見守りつつ、外敵の侵入を監視しているである。
宮殿とその周辺の 76 本の塔にはもう1つ秘密がある。
それは、中央の宮殿が単体で巨大な宇宙船として、周辺の塔の 1 つ 1 つが 300 人乗りのロケットへと変形し、アンドロメダ銀河の他の星々を巡航することである。
皇国が存在するアメノホアカリダマから近い、親アンドロメダの星々への巡航の場合は宮殿本体と、ア・シュール、カ・シュールの 14 体のロケットで出発するが、天体から遠く離れた辺境の星々へと向かうときは、宮殿本体とア・シュールからウ・シュールまでの 11 層 76 体のロケットが全て出発したという。 76 体のロケットはその全てが虹の様に様々な色に光輝きながら飛行する。宮殿を守りながら目的地に向かう一大ロケット群は、雄大にして荘厳であり、航路上にある周辺の星の人々はその七色に光輝く巡航を見るたびに、一種の畏敬の念と、自分たちを守護している事に対する感謝、そして癒しの感情を得たと言われている。

アンドロメダドリームファンタジー

第1章  『アメノホアカリダマ』

地球から遥か 239 万光年離れたアンドロメダ銀河。
無数の星々が集まっているアンドロメダ銀河の中心に、その銀河の3分の1の大きさの巨大な天体が存在する。その天体は我々がよく知る恒星 や 惑星といったものとは違う、それらを超越した存在。それは「アメノホアカリダマ」と呼ばれていた。
その天体「アメノホアカリダマ」は、広大な大地を 、 白く光り輝く膜の様なものがすっぽりと覆っている。アンドロメダ銀河の他の星々からは、シャボン玉に似た水球の中に、緑豊かな広大な大地と青く輝く海とが見え、まさに宇宙に浮かぶ宝石の様であったという。
アメノホアカリダマの大地に降り立つと、そこからまず目にするのは澄みきったエメラルドグリーンの美しい空である。大地を覆う白く光り輝く膜が、その大地に根付いている生きとし生けるもの全てに癒しと安らぎを与える為に、この空の色を生み出しているのである。

アンドロメダ


また、この膜の作り出すエメラルドグリーンの空は延々と続くわけではなく、我々の感覚でいう約半日でその輝きは一度休止する。すると、その大地ではエメラルドグリーンの空から青い空へと変わるのである。「青い空」と書いたが我々の地球で見るような所謂「青空」とは全く別物で、静かで深く暗い青である。アメノホアカリダマに住むものは、この青い空に大地が覆われているときは休息し、エメラルドグリーンの輝きの時に生命活動を行うのだ。我々が一日を昼と夜との繰り返しで過ごすのと同じである。
さらに 、アメノホアカリダマ内部にも四季がある。アンドロメダ銀河の楕円形の形がこの天体内部に四季を産み出しているのだ。銀河の中央に位置するアメノホアカリダマは、我々の住む地球と同じような自転運動をしており、その自転の影響で、内部の大地では、アンドロメダ銀河の白く輝く無数の星々のエネルギーをもっとも多く受ける部分と、それが少なくなってしまう部分とがある。この違いによってアメノホアカリダマでは地球と同じように美しい四季が存在するのである。
ちなみに、その四季は、現在の日本における近畿地方のそれと酷似しているのだという。その理由はこの物語の最後にご理解いただけるだろう。
そして、アメノホアカリダマ内の大地ではこの豊かな自然と四季により、栄養価の高い果物が簡単に手に入れることが出来た。
労せずして生命維持に必要なエネルギーを手にすることが出来る アメノホアカリダマ の民は、悲しみ、苦しみ、飢えとは完全に無縁の暮らしを送る事が出来たのである。